2018年03月09日

買取査定のこと

車の下取りと買取の違いとは?どちらが自分に合うかチェック!

車の売却をする際には「下取り」と「買取」の2種類があります。

 

新車や中古車を購入する際には、今乗っている愛車を売却するケースが多いのですが、下取り額と買取額には差があり、次の車の購入資金に充てる場合は特に重要なポイントといえます。

 

今回は、愛車の「下取り」と「買取」の違い、メリットとデメリットをご紹介します。

 

車を売却したい!下取りと買取の違いとは?

車の売却するための方法には「下取り」と「買取」の2つの種類があります。

 

下取り」とは、新しく新車や中古車を購入する販売店に今まで乗っていた車を売り、今から購入する車の代金の一部に充てることです。
下取り価格は販売店が用意している下取り基本価格が基になり、車のキズなどで減額して下取り価格を決めます。

 

買取」とは、車買取専門店などに今乗っている車を売って現金を得ることをいいます。近頃では、車買取専門店に買取してもらうケースが増加しています。
買取価格は、中古車のオークション相場を基にしていて、装備やオプション、人気・不人気車も評価の対象になります。

なお「下取り」と同様に、キズや修復歴は減額の対象となります。

 

車の下取りと買取のメリット・デメリット

愛車の売却する時の下取りと買取のメリットとデメリットをしっかり把握しておく必要があります。

 

①下取りの場合

<メリット>

・下取りの契約を次の車を購入する販売店で出来るので、面倒な書類の処理などを一括で行うので手間が省けます。

 

・購入する車の納車と同時に引き渡せるので手間が省けます。

 

・値引きできない分を下取り額で補填してくれることがあったり、オプションなどおまけをつけてもらう交渉時には有利な場合があります。

 

<デメリット>

・他の買取店で高査定額がついたとしても下取り価格をそれに合わせてくれることはほとんどありません。

 

・多くの販売店では一定の査定基準ラインがあらかじめ定められており、人気車種や人気色、装備オプションなどがあっても買取に比べるとプラスにはなりにくいです。

 

②買取の場合

<メリット>

・人気車種、人気装備などが買取価格に直接反映されるので高値がつくことがあります。

 

・買取店ごとに査定基準が異なるため、買取店ごとに査定額を比較でき、一番高い価格をつけたところへ売却が可能です。

 

<デメリット>

・相場変動に敏感で、売却時期を見極めないと低めの査定になる可能性があります。

 

・買い替えを行う場合、買取専門店と販売店の両社で契約の手続きをしなければいけないので手間がかかります。

 

あなたに合うのは「下取り」?「買取」?

 

メリットとデメリットも踏まえ、実際に車を売却するには下取りと買取、どちらが向いているかは次のポイントを参考にするとよいでしょう。

 

車下取りがおすすめの方

新しく車を購入するディーラーとの付き合いが長い場合、下取りを選択することをおすすめします。

ディーラーも細かな顧客のニーズに答えてくれるので、安心して任せられます。

 

そして多少売却額が低くても、なるべく手続きや売却の手間を省きたい方にもオススメです。

販売店で購入と売却の手続きが全て代行可能なので、スムーズに手続きを完結することが出来ます。

 

車買取がおすすめの方

査定額が上がりやすく少しでも高く車を売却したい場合には、買取がオススメとなります。

査定額を比較し納得した買取価格で売却することも可能になります。

 

車の買取と下取り、自分に合った方法を選ぼう!

車は売り方によって売却額に差が生じやすく、売却額が少々安くてもなるべく手間と時間をかけずに売りたい方と、愛車の車種や装備オプションなどにこだわりを持ち、高額で売却を求める方ではオススメの売却方法が異なります。

 

買取と下取りの選び方は双方のメリットデメリットを踏まえて、自分にはどちらがあっているかしっかりと検討しましょう。

 

 

車を売るなら高額買取の札幌ホンダへ!

全スタッフが査定士および販売士の資格を持つ安心の中古車ディーラーです。

無料査定は24時間受付中。お気軽にお問い合わせください!

 

車の査定前には洗車した方が良い...
車の買い替えサイクルは平均どの...

関連記事

2018年01月26日

買取査定のこと

車買取の査定額と走行距離の関係とは?

2018年02月23日

買取査定のこと

車の査定前には洗車した方が良い?清掃と買取額の関係について

車を点検する人形

2018年07月13日

買取査定のこと

車買取のプロ「査定士」の資格とは?