2018年08月24日

買取査定のこと

車の出張査定の流れを解説!必要書類や高く売るコツ

運転席でOKサインを出す女性

愛車を査定をしてもらいたいが、なかなか都合がつかず買取専門店に持って行くことが出来ない場合があると思います。

そんな時には、査定士が自宅まで訪問してくれる「出張査定」があります。

その出張査定の際、どのくらいの時間を要するのか、どんな書類を事前準備しておく必要があるのか気になりますよね。

 

今回は、出張査定の詳しい流れ、また愛車を高く買取してもらうコツをご紹介します。

 

 

出張査定の流れとは?

車を売却する際の査定方法には、「出張査定」と「持ち込み査定」の2種類があります。

 

「出張査定」は、自宅まで査定士が訪問してくれるので、車を店舗へ持ち込む手間が不要になります。営業時間中であれば、自分の都合のいい時間で依頼することが可能です。

「持ち込み査定」は、買取専門店の営業時間内に車を持ち込む必要があります。

 

出張査定は近年無料で行う査定士が多いものの、一部業者では出張手数料を取る事もあるので、確認が必要です。

査定の際には愛車の情報をきちんとまとめておくと、スムーズに査定が出来ます。

 

出張査定の流れ

①インターネットや電話にて事前予約をする

インターネットの一括査定のフォーム、または電話にて問合せをし予約をします。

折り返し電話かメールがあり、入力した情報をもとに担当者が大まかな査定価格を伝えてくれます。

その際に、出張査定の日程予約をします。

 

 

②事前予約で決まった日時・場所へ査定士が訪問する

指定した出張査定予約日の日時・場所に査定士が訪問します。

その際、車を査定しやすい場所に置いておくと当日の査定がスムーズに行えます。

家庭の事情や近隣のことを考えて、希望する場合は自宅以外での査定も可能です。

この時に気を付けることは、査定士へしっかりと場所の報告をしておきましょう。

 

 

③査定表をもとに分析・正確な査定額を提示する

査定は、買取専門店の査定表をもとに分析します。

査定後、データをオンライン上で買取専門店へ送信し、その場で正確な査定価格をお客様へ提示します。※特殊車両や希少車種の場合、後日の金額提示になることもあります。

実際に査定にかかる所要時間は、15分~20分程度です。

事前のネットや電話での問い合わせ時に、ある程度の情報を知っているのであまり時間はかかりません。

但し、査定の前後には問診等もありますので、時間には余裕を持って依頼しましょう。

 

 

④依頼者が査定額を聞き納得いかなければ交渉する

実際に査定してもらい、査定額を聞いて納得がいかない場合はこの時点で交渉します。

依頼者は自分の納得のいくまで交渉しましょう。

 

 

⑤売買契約が成立する

依頼者が納得いく査定額で売買契約が成立します。

 

 

⑥車の引き渡し作業を行う

契約成立後、車を契約した買取専門店へ引き渡します。

 

 

⑦契約金額が指定した口座に振り込まれます

 

 

札幌ホンダでは無料出張査定も行っております。
愛車の買取をご希望の方は札幌ホンダへお気軽にお問合せください。

 

 

出張査定で事前に準備が必要な書類

車の書類は、査定時と査定後売却する場合で、必要書類が変わってきます。

査定のみの場合、自動車検査証自賠責保険証明書の2点が必要です。

 

自動車検査証には、車の情報が記載されています。

車検証は2年に1回(新車の場合は3年経過後)発行される書類です。

自賠責保険証明書は、法律で必ず加入が義務付けられている保険で、車1台につき1枚の証明書が必要になります。

この2点の書類は、常時車に積んでおくといいでしょう。

 

また、査定後にそのまま車を売却するのであれば、以下の書類が必要です。

査定後にそのまま車を売却場合の必要書類リスト

詳しくは「車の買取に必要な書類はコレ!普通車と軽自動車の違いも解説」をご覧ください。

 

 

また、必要書類を失くしてしまったり見当たらない場合は再発行してもらえるのでご安心ください。

「自動車検査証」は、登録した陸運局で再発行ができます。手続きには申請書類代と手数料が別途かかります。

「自賠責保険証明書」は保険会社で無料で再発行ができます。申請時には免許証等の本人確認ができるものが必須です。

「自動車納税証明書」は管轄の都道府県税事務所で無料で再発行ができます。

 

 

出張査定時に少しでも高く売るためのポイント

メモを携帯しながら運転する男性

査定前に愛車のアピールポイントをまとめておくと買取金額がアップする可能性があります。

また、自身の愛車のおおよその相場も知っておくことも重要です。

 

例えば、新車で購入した際に、メーカーオプションやディーラーオプションの装備を追加していればもちろん強みになりますし、車のグレードや色もアピールポイントになります。

 

アピールできる代表的なオプションは、サンルーフ・純正ナビ・オーディオシステム・本革シートなどがあります。

車種によってはスポーツ系のグレードも人気があるので査定アップにつながりやすくなります。

色は白系(パールホワイト)や黒系が好まれます。

 

また、査定前には車の正確な状態を把握するためにも、車を購入した際に付いている「整備手帳」と「保証書」は用意しておきましょう。

 

詳しくは、「車の高額買取のコツ!少しでも高く売るためのポイント」をご確認ください。

 

 

愛車を売却するには、出張査定で時間を有意義に利用しよう!

車を買取してもらうための査定には様々な方法がありますが、出張査定なら買取業者が自宅まで訪問してくれるので、移動の手間や時間を大幅に省くことが出来ます。

 

査定前に必要書類をきちんと準備し、愛車のアピールポイントも把握しておくことで、スムーズな売却が出来ます。

 

 

車の維持費を節約する方法を具体...
車の買取契約後のキャンセルにつ...

関連記事

2018年05月25日

買取査定のこと

車を売却するときの注意点って、どんなこと?

2018年02月09日

買取査定のこと

車の買取と年数の関係とは?

2018年02月23日

買取査定のこと

車の査定前には洗車した方が良い?清掃と買取額の関係について