2018年02月23日

買取査定のこと

車の査定前には洗車した方が良い?清掃と買取額の関係について

車の査定や買取を行う際、どこまで洗車や車内清掃をするべきなのか迷う所です。

実際に洗車や清掃をすることで、車買取の査定額アップに繋がるのか気になりますよね。

 

今回は、車の査定に洗車や清掃がどこまで影響するのかご紹介します。

 

 

車の査定前に洗車や清掃することは影響があるの?

車を買取に出す際、査定前に洗車や清掃がどのくらい必要なのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

特に外装はキズや凹みの有無が査定額を決定するポイントとなり、内装であればシートのシミやたばこの焼けあとなど「修復が容易ではないもの」はマイナス査定の要因となります。

 

ただ、自分で対処可能な汚れが直接査定額に響くことは少ないものの、査定前に洗車や車内の清掃をした方がよい理由もあります。

 

査定は一定のマニュアル(そのお店ごとの基準値)に基づいて行われるのが一般的であり、キズや凹みの状態が同じ車であれば、日頃からキレイに扱っている車両のほうが、次に販売するときの価格も高くなりやすいのが特徴です。

 

逆に、車内にホコリや悪臭が漂っているような車両は、販売店でのクリーニング費用がかさむなど手間がかかるほか、査定士が「愛車を大切にしていない」と検査項目をより厳しくチェックする傾向にあり、マイナス査定の要素になりえます。

 

「査定額をあげるために掃除をする」のではなく「査定額を下げないために日頃からキレイにしておく」ととらえるとよいでしょう。

 

 

査定前の車内クリーニング、プロの業者に頼む場合ってどんな時?

車の査定前に、どうしても気になる臭いや汚れがあれば車のプロのクリーニング業者を依頼します。

ただプロの業者に依頼する価格と査定額を比較すると、あまりにもひどい汚れでない限りクリーニング価格の方が高くなる可能性はあります。

 

参考までにシートやエアコン清掃などを含んだ一般的なクリーニング代は次の通りです。

・軽自動車:20,000円~
・普通自動車:25,000円~
・ワンボックスなど:35,000円~

 

また、見た目にはわからなくてもプロの業者に頼んだ方が良い場合もあります。

・車酔いなどで嘔吐したものがシートについたとき
・ペットを頻繁に乗せている場合
・ホコリの多い工具などを載せている場合
・コーヒーやジュースの汚れ

 

目に見えないダニやほこり、体調不良時の菌などが多く車内に残っている場合は、カビや悪臭の元になりかねません。

数千円~20,000円前後の費用が掛かりますが、プロのクリーニングを検討してみましょう。

 

このように車のクリーニング業者に依頼すると、様々な汚れが見違えるほど綺麗になりますが、それなりのお値段はかかります。

無駄な出費を抑えるためにも、日頃から綺麗な車内をキープしておきましょう。

 

 

「洗車・車内清掃・車内消臭」車の査定前に必要な清掃ポイント

査定時の印象を良くするために、自分でやっておきたい清掃ポイントを3つご紹介します。

 

①目に見える外装の汚れは事前に落としておこう

車両は買取後に販売店スタッフが洗車をしますが、最低限目視できる汚れは落としておきましょう。

汚れがあると傷や凹みが見えづらく、査定にも時間を要する可能性があります。

ガソリンスタンドの洗車機で構いませんので、薄曇りの日を選び事前にキレイにしておきましょう。

 

また、足回りの汚れは見落としやすいものの、車そのものの印象を変える重要なパーツでもあります。

忘れずにホイールやタイヤそのものの洗車もしておきましょう。

 

余裕があればワックスがけをするとさらに印象が良くなります。

 

②車内清掃は、隅々まで念入りに掃除する

車のボディーを磨くよりも、車内の掃除を念入りにしておいた方が査定額に響きます。

フロアマットは外して洗濯し、床も掃除機などで吸い取ります。

 

窓ガラスは内側、外側まで丁寧に磨きます。

ダッシュボードや車内にシールを剥がした後などが残っているとマイナス査定の対象になります。

ホームセンターに売っているシール剥がしなどを活用し取り除きます。

 

ハンドルやバックミラーも洗剤で綺麗に磨きます。細かい部分は歯ブラシなどで汚れを取り除きます。

 

車内のシートは一度外し、雑巾で拭き取りクリーナーを使い丁寧に拭いていきます。

その後日光に当てしっかり乾燥させることで殺菌効果もあります。

 

車内はもちろんトランク内の必要のないものを下ろしてから査定に出すと「条件さえ合えばすぐ売ってくれる車両」と見なされ査定額アップにもつながります。

 

③車内消臭は査定額に影響するので、査定前から換気を行っておく

車内の悪臭はマイナス査定の大きな原因になります。

所有者が喫煙者であったりペットを乗せる場合は特に、査定予定の一ヶ月以上前から喫煙は控え、定期的な換気を行い独特な臭いを消しておきましょう。

また、灰皿の掃除もこまめに行なうと臭いがこもりにくくなります。

 

換気後の消臭には車専用の消臭剤を利用します。

エアコンフィルターの交換や洗浄を行ない、換気した車内をきれいな空気が循環するように心がけましょう。

 

 

査定前の最低限の車内清掃はマナーと印象アップに繋がる!

車の洗車や清掃が、査定額そのものに直接的な影響は無いものの、車の印象アップに繋がり、マイナス査定がつきにくくなります。

 

車を良い状態に保つためには、買取や査定前だけではなく普段からこまめに掃除しておくことが大切です。

時間が経つにつれ、付着した汚れや悪臭は取れにくくなります。

査定前以外でも、汚れに気付いた段階で、早めに洗車や掃除を行っておきましょう。

 

車を売るなら高額買取の札幌ホンダへ!

全スタッフが査定士および販売士の資格を持つ安心の中古車ディーラーです。

無料査定は24時間受付中。お気軽にお問い合わせください!

 

車の買取と年数の関係とは?
車の下取りと買取の違いとは?ど...

関連記事

2018年05月25日

買取査定のこと

車を売却するときの注意点って、どんなこと?

2017年12月22日

買取査定のこと

車の売却は車検の前後どちらが良い!?車検切れの場合は?

2017年11月24日

買取査定のこと

車の買取査定額に傷やへこみはどのくらい影響する?