2019年01月11日

買取手続きのこと

車の買い替えに必要な手続き。買取から買い替えまでの流れを紹介!

手の平に乗せられた木製のミニチュア自動車

こんにちは!札幌ホンダ車買取本部です。

 

そろそろ車を買い替えたいなと思ったときに、手続きや必要書類は…?など、いろいろと疑問が出てきますよね。

 

大きな買い物になるのに加え、人生のうちそう何度もすることは無い車の買い替え。

一度経験したことがあっても、次に買い替えする頃には必要な情報を忘れてしまうこともあります。

 

また、車は普段の生活に無くてはならないという方も多いでしょう。

スムーズに買い替えを行うためにも、事前に準備できることはやっておきたいですね。

 

車を買い替える際にはどんな手続きが必要になるのだろう?買取から買い替えまでの流れが知りたい。というあなたの疑問に今回はお答えしていきます!

 

 

車の買取から買い替えまでの大まかな流れ

まずは車の買取から買い替えまでの大まかな流れを見ていきましょう。

 

1)調査

車を買い替えたいなと思ったら、まずは欲しいなと思う車の相場をチェック。

買取価格の相場も、中古車販売サイトなどでおおよそ予測しておきましょう。

 

2)購入車両の選定

相場を把握したら実際に購入する車を絞っておきましょう。

予算と買取価格との差額でグレードアップ・グレードダウンする可能性もありますので、譲れないところと譲歩できるところも決めておくとスムーズです。

 

3)見積

中古車の売却には「買取」と「下取り」があります。

買取一括査定に出してどの店舗が1番高く買い取ってくれるかをチェック。

同時に車を購入する店舗と下取り交渉をしましょう。

 

4)売却

買取査定および下取り査定を比較し買取額の高い方に車を売却。

一般的に買取査定の方が値が付きやすいものの、新車両のオプションプレゼントや手続きの簡素化など、新車両購入店舗で下取りする方がメリットがあることも珍しくありません。

 

5)納車

購入する店舗で契約の手続きをし、納車となります。

 

大まかな流れはこんな感じです!

詳しくは「車の『買取の流れ』教えます!」も確認してくださいね。

 

 

車の買取に必要な手続きと必要書類とは?

大まかな流れが分かったところで、次は買取に必要な手続きを細かく見ていきましょう!

手続き内容は大きく分けて2つ

車を買取に出すときには「車両の名義変更」と「自動車税の還付譲渡」が必要になります。

ユーザー名義から買取店などの名義に変更することで税金の支払い義務も移転します。

自動車税の還付には時間を要するので、一度でしっかり手続きをすることが大切です。

 

自動車税の還付については「車の売却時は税金がかかる?戻ってくる?知っておきたい税の話」もご覧ください。

 

必要書類は車両によって違いがある

買取に必要な書類は普通車と軽自動車で少し異なります。

まず、基本的に自分自身で用意する書類は次の通りです。

普通車と軽自動車の買取に必要な書類

実印が必要な普通自動車の買い替え契約には「印鑑証明書」も必要となり、発行から3か月間有効、というのが一般的です。

ただし、販売店によっては発行から1ヵ月以内のもののみ有効、などの条件が付与されていることもあるので、確認しましょう。

 

なお、自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合はさらに書類が必要となり、
・住所変更一度の場合→住民票

・住所変更複数回の場合→戸籍の附票または住民票の除票

・結婚などで姓が変わっている場合→戸籍謄本
のいずれかを用意します。

普通車の方が少し必要書類が多いですね。

 

残債がないか確認

ローン残債があるかないかの確認も忘れずに行いましょう。

 

残債がある場合、買取の店舗により車の買取額から残債を差し引いて支払ってくれたりなどローン残債サービスを行っている店舗もあるので、買取先の店舗に確認しましょう。

 

査定アップのポイント

備品があるかないかで査定額に差が出てきます!

・新車保証書
・整備手帳
・記録簿
・車の取り扱い説明書
・スペアキー
・取り外した純正部品

などがあると査定アップに繋がりますので、ある場合は必ず車と一緒に用意しておきましょう。

 

 

買取が終わったら今度は車の買い替え手続きへ!

ミニチュアの車と書類と印鑑

買取が終わったら次は車の買い替え手続き!

買い換え時に必要な手続き内容、必要書類などを見ていきましょう。

必要書類や必要手続きについて

自動車を購入するときには「陸運支局への届け出」と「車庫証明」の発行が必要になります。

陸運支局への手続きが完了すると、ナンバープレートが交付されます。

ナンバープレートを取り付けた後、封印取付受託者により、封印取付終了がないと公道を走ることができません。

また、旧車両と新車両で同じ駐車スペースを使用する場合も、変更手続きが必要になります。

 

車購入の際に必要な書類は

・自動車保管場所証明書(車庫証明)
・印鑑証明(発行後3ヶ月以内のもの)

です。

 

車の登録に必要な手続きを購入店舗で代行してもらう場合には委任状が必要になります。

委任状には署名と印鑑登録された実印が必要です。

 

車の買い替え手続き時に注意したいポイント

車の買い替え手続きにはさまざまな手続きが必要になりますが、手続きをするときに気を使いたいポイントや、購入時に必要な税金や諸費用の話を見落としがちです。

 

特に知っておきたいポイントには次のようなものがあります。

 

◆車庫証明の登録変更手続き

車庫証明は1スペースにつき車1台しか登録できません。

旧車両と新車両の乗り換えがスムーズな場合は旧車両ナンバーの「一時抹消手続き(売却)」もしくは「永久抹消手続き(廃車)」を行う事で保管場所の引継手続きができるようになります。

しかし、旧車両と新車両の保有が1日でも重なる場合は新しく車庫証明の発行ができませんので、注意しましょう。

 

詳しくは「車の買い替え時には車庫証明が必要!準備すべき書類と申請方法」もご覧ください。

 

◆自動車保険の手続き

自動車の保険には、強制加入の自賠責保険と任意加入の保険があります。保険の手続きについてもおさえておきましょう。

 

<下取りに出した場合の任意保険>

新しい車に保険をかける「車両入替」の手続きをします。

保険を適用させるため、必ず納車日前に行っておきましょう!

 

<廃車の場合の自賠責保険>

廃車にした場合は、自分で保険会社に連絡し、手続きすることで払い済みの保険料の未経過分が戻ってきます。ただし、残りの保険期間が1ヶ月以上あることが条件です。

自賠責保険の変更手続きに必要な書類は、次の5点です。

 

・一時抹消登録証明書または登録事項等証明書のコピー(普通車)

・自動車検査証返納証明書(軽自動車)

・自賠責保険証の原本

・認印

・振込先の口座情報

 

任意保険の場合は、保険会社によって手続き方法が異なりますので、各自でお問い合わせください。

 

◆自動車税について

毎年5月に納税を行う「自動車税」。

4月1日時点の使用者に納税書が送られて来るもので、4月~翌年3月までの1年分の自動車保有に対して「一括で前払い」します。

年度途中で車を新たに保有した場合は、登録の翌月から翌年3月までの自動車税を払います。

 

<5月に自動車税を納付し、7月に車を買い替えた場合>

・前の車(4月~翌年3月分の自動車税は支払い済み)

・買い替えた車(8月~翌年3月までの自動車税を新たに支払う)

つまり、二重に税金を支払っている期間ができてしまうのです。

 

ただし、税金を還付できるケースもあります。

下取りに出した場合と廃車にした場合で異なります。それぞれ簡単にまとめましたので参考にしてくださいね。

 

<下取りに出した場合>

4月1日時点で保有していた人が一括で払うのが自動車税ですので、公的機関からの税金の還付は無し。

しかし、1年分の税金を所有期間に合わせて旧ユーザー、買取業者の2者で負担する、という業者が多いので、すでに支払い済みの自動車税分を月割り換算にて下取り額に反映できないか、見積もり時に相談してみましょう。

 

<廃車の場合>

廃車の場合は、車両として使用できなくなるので還付があります。ただし、軽自動車の場合は、もともとの自動車税が高くないため、還付はありません。

 

廃車には、数年に渡る出張などで長期間運転しない場合や展示車両へ変更した場合に、一時的に公道を走れなくする「一時抹消登録」と、完全にスクラップなどにしてしまう「永久抹消登録」があります。いずれの場合も廃車の手続きをした時点で還付手続きが同時に行われます。

手続き後、1~3ヶ月後に通知はがきがくるので、還付手続きをしましょう。

還付方法は都道府県で異なり、口座振り込みや金融機関での手続きになります。

 

 

まとめ

大きな買い物のひとつの車。

車の買い替えはいろいろと大変そうなイメージがありますが、実際やってみると意外と大変でもありません!

必要手続きや必要書類なども店舗の方が教えてくれます。

それでも事前に必要手続きや必要書類などを把握していると安心して挑めますね!

新しく手に入れた車に安心して乗るために、車庫証明や自動車保険の手続きは忘れないようにしたいですね。

すでに支払った前の車の自賠責保険料や税金も、車両変更手続きを行ったり、還付や下取り額に含めてもらうという方法で二重払いを防ぐことができますよ。

 

車を売るならディーラーがおすす...
車買い替えのベストタイミングは...

関連記事

預金通帳を確認する

2019年02月08日

買取手続きのこと

車の買い替えはローン残債等でお金がない人でも可能?

2017年10月20日

買取手続きのこと

車の売却はローン残債があっても大丈夫!お気軽にご相談下さい!

手のひらの青い車

2018年12月14日

買取手続きのこと

中古車の買い替え時に必要な保険の手続き。忘れてしまうとどうなる?