2017年12月08日

買取手続きのこと

車の「買取の流れ」教えます!スムーズに進めるためのポイントも

「そろそろ車を手放したい」「車を乗り換えたい」という時、今乗っている車を買取に出す必要があります。

 

買取の流れを知っていれば手続きのわずらわしさも軽減でき、スムーズに買取してもらえますよ!

 

 

車を売りたい!買取にはどんな方法があるの?

車を買取してもらう方法としては大きく分けて2つあります。

 

① 買取専門業者での買取
② 自動車ディーラーへ下取りに入れる

 

手続きの簡単な流れはそれぞれ以下の通りです。

 

①買取専門業者での買取

 

① 電話・インターネットで車種・年式・型式などの情報を伝える
② 実際に店舗のスタッフと電話などで車の状態を詳しく確認し、おおまかな査定額を出してもらう
③ 店舗スタッフに車を見てもらい査定、査定金額が決定する(実際に店舗へ行けない場合は出張査定をお願いする)
④ 査定金額に納得できれば買取へ、書類などの手続きを済ませて買取完了
⑤後日、買取金額が振り込みなどで入金される(査定額によってはその場で受取できない場合もあるので確認しましょう)

 

※①②は省略し、査定の予約を入れて直接査定を行うこともあります

 

②自動車ディーラーでの下取り

① 新車ディーラーへ行き、乗り換え予定の車を決定
② 現在の車をどうするか相談し、下取りに出したい旨を伝える
③ 現在の車を査定
④ 新車の購入金額、現在の車の下取り金額に納得できれば書類などの手続きをして完了

 

(下取り価格は新車の購入金額に充てることが多いです)

 

 

車の個人売買はオススメしません!

車の買取方法として、実は「個人売買」もあります。その名の通り、業者を通さずに買い手に売ることです。

 

業者を通さない分、売る方は高く売れ、買う方は安く買えるというメリットがあります。

しかし個人売買は、家族や友人間など親しい間柄などを除いてはオススメできない方法です。

 

個人売買をオススメしない理由としては

・買い手を探すのに時間がかかる
・手続きをすべて自分でしなければならない
・金銭のやり取りなどでトラブルが起きやすい
・車に不具合が起こったときに保証トラブルや瑕疵(かし)担保責任が発生する場合がある

 

業者であれば買い手が見つかっていなくても買取してくれるので、自分が売りたいタイミングで手放すことができます。

引き渡しのタイミングなども調整する必要がありません。

 

個人売買は「自己責任」という大きなリスクを伴うことを理解しておく必要があります。

 

 

車の買取に向けた準備も大切な段取りの1つ

買取方法を決めたら、いよいよ準備。

あとは売るだけだから…と思われるかもしれませんが、実はたくさんの書類が必要です。

いざというときに書類が揃っていないと二度手間になってしまい、余計な時間と労力を使うことに…。

 

きちんと準備をしておくことは、買取をスムーズにしてくれるだけではなく、実は、買取価格にも影響が出るんです。

 

中古車市場の在庫や需要は日々変わり、買取業者は同じ車両の在庫を多く抱えないように調整しています。

そのため、ある車両を買取した直後はその車両の査定額を下げる傾向にあります

書類の不備で他の人に追い越され、査定額が下がるのはとても残念ですよね?

 

また、人気車種は早く売ってもらうために、約一週間程度の査定保証期間を設けており、その期間内に買取が成立した場合だけ買取額をアップするケースもあります。

 

準備する書類は同じなのに、それを怠って車の価格が下がるのはもったいないですよ~!

 

 

スムーズな買取のために準備しておくこと【書類編】

買取に必要なものは、普通自動車の場合だと以下の通りです。

・自動車検査証(車検証)
・印鑑登録証明書(2通、発行から3ヶ月以内のもの)
・実印
・自動車納税証明書
・自動車賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)
・自動車リサイクル券

 

車検証と印鑑登録証明書の現住所や氏名が異なる場合は、住民票や戸籍謄本が必要になります。

必要書類を紛失している場合は再発行もできますよ。

詳しい書類の内容については「車の買取に必要な書類はコレ!普通車と軽自動車で違うので要注意」をご参考ください!

 

 

また買取額問わず、口座振込での支払いが主流となっていますので、通帳やキャッシュカードなど「口座番号を証明するもの」も持参しておきましょう。

 

 

スムーズな車買取のために準備しておくこと【その他】

書類以外にも、次のものを用意しておくと査定額がプラスされる可能性が高くなります。

・スペアキー
・新車保証書
・取扱説明書
・記録簿
・整備手帳
・エンジンスターターのリモコン
・タイヤ

 

純正品が揃っていない場合、査定ではマイナスポイントになってしまいます。

改造している場合は純正品に交換することをお忘れなく。

もし自分で交換できなくても「純正品がある」ことと「純正品も一緒に買取して欲しい」という旨を業者に必ず伝えましょう。

 

買取に出す前には、事前に車から私物をすべて出しておくとスムーズに手続きができますよ。

特に工具などは忘れやすく、シートのすき間などにも物が入っていることもあるので確認しておきましょう。

 

 

車買取の流れを知って、早めの準備でスムーズな買取を!

車の買取先は買取専門業者と自動車ディーラーが主流。

個人売買はよほどの理由が無い限りはやめた方が無難です。

 

中古車の場合は、買取までの期間が伸びれば伸びるほど査定額が落ちやすくなります。

ベストなタイミングで手放すためにも、書類や身の回り品は揃えておきましょう!

 

 

車を売るなら高額買取の札幌ホンダへ!査定士全員が資格を持つ安心の中古車ディーラーです。

無料査定は24時間受付中。お気軽にお問い合わせください!

 

 

車の買取査定額に傷やへこみはど...
車の売却は車検の前後どちらが良...

関連記事

2018年04月13日

買取手続きのこと

車の買い替え時には車庫証明が必要!準備すべき書類と申請方法

2017年10月06日

買取手続きのこと

車の売却は代理人でも可能!ただし、必要書類に要注意!

2017年09月12日

買取手続きのこと

車の売却時は税金がかかる?戻ってくる?知っておきたい税の話